Happy Life

一卵性の双子「そら」と「ひかる」
子育てはすごく大変 でも、楽しい!
これが私のHappy Life
楽しみにしていた瞬間「積み木を積む」

いつか出来るようになるんだろうなあ・・・と、楽しみにしていることがたくさんある。
「ばいばい」のしぐさだったり、「こんにちわ」「ありがとう」のおじぎだったり。
その中のひとつに「積み木を積む」というのがあった。

1歳のお誕生日に買った積み木は、毎日は遊ばせていなかった。
まだよくわからないみたいで、掴んですぐに舐めてなげて、ものをがんがん叩いて・・・。
もちろんその繰り返しになることは予想の範囲内だったけれど、とにかく片付けるのが大変だから。
レゴみたいなものは、ひとつやふたつなくなったところであまり気にならないけど、積み木ってなくなるとすごく目立つ。
毎日遊んでは探す時間が長くなるし、なにより、子供達がそこまで興味を抱いていなさそうだったので、時々出して遊ばせていた。

その時々・・・のあるとき。今から10日ほど前。
突然、遊び方に変化が起きた。


同じ形のものばかりを手に取り始める二人。
しかも、そこは床がガタガタしてて積み木を遊ぶには適していないだろうと思うのだけれど、どうにもそこが良いらしく、ガタガタなところで同じ形の積み木を集めて遊ぶ。


そして、それを積んだのだ。
うわーー!!!と、思った。
うわーうわーうわーーー!!!と、本当に叫んだと思う。


ひとつ、またひとつ・・・と、どんどん積んでいった。
突然、本当に突然だった。
こんなにも突然、積み木らしい遊びをするようになるとは夢にも思わなかったから、本当に驚いた。



出来たー!ってぱちぱち喜ぶそらの横で、もう一つ積もうとしたひかるが失敗したりもするんだけど。
またその逆もあるんだけど。
でも二人とも、とても上手に積んでいた。


人一倍熱心だったのは、そらで。
倒れても倒れても何度でも積む。
そして、笑ってしまうのが、自分の前で積んで、遠くの積み木を取ろうとして自分で倒しちゃうの。
遠くの積み木を手に持って意気揚々と積み上げた積み木を見たときには、崩れている。
「・・・あれ?」って顔でまた一から積み直す。
そんなところは、本当に1歳児らしくてかわいらしい。

たしかやり始めたのはひかるだったのだけれど、いつのまにやらそらの独壇場。

ひかるはカンカンと打ち鳴らして遊んでいた。

しかし、そらとひかる。
数ある積み木の中で、色がついているものを選びだすのが好きなようだ。

こうやって、同じ形の色積み木を選ぶ。
特にそらがご執着で、とにかく積みまくるんだけど、時々ひかるが邪魔をして、基本は壊すの専門で。


せっかくの芸術作品を倒されたそらは、「何すんだよー!!」とひっくり返って怒るのだった。

また積めばいいんだよ。そら。
やればやるほど、高く積めるようになるんだから。

今はこのころよりもずーっと高く積めるようになって、私が一緒に加われば、ものすごーく高くまで積めるようになって、そらはとても喜んでいる。
ひかるも、倒す楽しみがあって喜んでいる。

ふと思ったのだけれど。
そらとひかるは、一人ずつ別々に同じ時に積み木を積むということをあまりしない。
どちらか一人が熱中しているか、ひとつの積み木タワーを二人で積み上げていることが多い。
仲が良いというか、だから失敗しちゃうことも多いというか。

でもね。
本当に楽しみにしていたからね。
すごくすごくうれしかったんだよ。
毎日積み木を出してあげて、喜んで遊びだす姿。
高く積んで喜ぶ姿。
本当に楽しみだったから、すごーーく、嬉しいんだよ。



離乳食 319日目<完了期 19週目>(3回食 200日目)
1回目 柿ミルクトースト
2回目 焼きうどん
3回目 マヨたまご
                       他
くわしくは、 Yummy -Happy Life- でどうぞ。




少々気温の高い日が続いて、そしてまた突然寒くなった。
こうして春へと近づいていく。
まだ二月。でも、もうすぐ三月。
だんだん陽も伸びて来たね。

[そら ひかる]1歳3ヶ月〜 / comments(4) / trackbacks(0)
二人で協力すれば、なんでもできる。

我が家には、リビングダイニングキッチン側と玄関側を仕切るドアがひとつあって。
夏場はここは開けっ放しにしていたのだけれど、冬になってさすがに寒くてどうしようもないので閉めるようにした。
本当は開けておいた方が、子供達が家中を遊びまわれて楽しいのだろうけれど、とにかく寒くてたまらないので。
けれど、このドア閉めた状態で、リビングに二人を置き去りにして、「ちょっとトイレ」とか「ちょっと玄関」とか行くと、子供達は、ドアに顔をぴったりつけるようにして、ぎゃあぎゃあと何やらわめく。
「そっちへ行きたいーーー!」だと思うのだけれどね。

とにかくこのドアが二人にとっては大きな壁で、自由に出入りできない障害になっていた。

ところが。


ふと気づいたのだろう。
「二人で協力すれば、開くかも!」
そして二人でよいしょ、よいしょ・・・と開け始めたのだ。


やり始めたのは、この人。そら。
それを見ていて力を貸したのはひかる。


二人で協力したら、結構簡単に難問クリアだった。
ドアはちゃんと開いた。
そらとひかるは、とてもうれしそうに駆けて行った。
いやあ。すごい。
こういうことは一度できれば、何度でもできるらしい。


回数重ねればコツもつかんで、とても上手に開けることができる。
なんでもないように自然に開けて、自然に向こうへと行くようになった。

最後の最後をそらにまかせて、先に走り出したのはひかるで、でもそらもとても楽しそうだった。

うーん、すごい。

だんだん慣れてくると、これが一人でもできるようになって。
ひとりで開けてひとりで走っていく。
そしてまたひとりで開けて戻ってくる。
こうすることで、二人は冬でも夏と変わらず走り回って遊べるようになったのだ。

まあ、問題があるとすれば。
開けられるけど、閉めるところまでは思いつかないこと。
けれど、ひかるが時々ご丁寧に閉めるところまでやってくれたりしている。
そらは開けっ放しが多いかな。

あとは、ドアに手を挟むんじゃないかとドキドキする。
けれどこれは、今のところバスマットでガードしてあってきっちりしまらないようにしてあるので問題なし。
いつでも隙間風がリビングに入り込んでくるけれど、その程度は大したことではないので。
言いかえればバスマットがあってきっちりしまっていないからこそ開けることができるのだ。
多分このバスマットがなかったら、二人はドアノブを使う術をまだ知らないので、開けられないはず。
この先どうするかは、まだ考えていなくて、当分はバスマットのお世話になる予定。




離乳食 302日目<完了期 17週目>(3回食 183日目)
1回目 ミルクトースト・さつまいもとリンゴのジャムがけ・・食パン(6枚切り)1.5枚
2回目 焼きうどん
3回目 野菜炒め
                              他
くわしくは、 Yummy -Happy Life- でどうぞ。

[そら ひかる]1歳3ヶ月〜 / comments(2) / trackbacks(0)
元気に遊んで、秋を満喫。
楽しく遊んだ公園の話は、これで最後。



石を食べたり。



お兄ちゃんお姉ちゃんが遊んでいるところに乱入してみたり。



走り回って。



こけて。

時間的には、実はそんなに長くはなかったのだけれど、十分楽しめた。
そらもひかるも、とてもイキイキしていた。
そして、「大人が多いと余裕があっていいなぁ」と実感した。
弟に、感謝感謝。




公園の話はこれでおしまい。
楽しくすごせて良かったね。


この秋は、いろんな公園に行った。
最初は芝生に降りるだけで泣いていた二人も、今では自分からたたたっと走っていくようになった。
歩くのもずいぶん上手になった。
てくてく歩く。
たたたっと走る。
ちょっとずつ違いが出てきたもんね。
子供の成長はスバラシイ。
これから先も、楽しみだな。




離乳食 241日目<完了期 8週目>(3回食 122日目)
1回目 ミルクトーストのすりおろし梨がけ・・・食パン1.5枚
2回目 豆腐と野菜のとろとろ軟飯
3回目 グリーン焼きうどん
                              他
くわしくは、 Yummy -Happy Life- でどうぞ。
[そら ひかる]1歳0ヶ月〜 / comments(0) / trackbacks(0)
ぐっすり眠る。たっぷり眠る。
「光」というものは、とくに「太陽光」というものは、なんと偉大なものだろうか。
一日は24時間で、今が何時だからこれをして、あれをして・・・・
そんな固定観念を持たないものたちは、太陽と共に一日を送っていく。
太陽が昇ったら、起きる。
太陽が沈んだら、寝る。
それが一番自然なことで、人間の細胞には、そういった自然に身をまかせて生きていく術が、あらかじめインプットされているにちがいない。
体内時計っていうやつが、その本能のひとつの形なのかな。

夏が過ぎ、秋もあっという間に過ぎ去ろうとしていて、冬がすぐそこまで押し寄せている今。
太陽の光を感じる時間が遅くなった。


寒い朝って、夜明けがすっごくキレイ。
あまりにキレイだったから、「ひーたん、起きて!」と起こした。
(寒いので、撮影はひーたんにおまかせなのだった。)



少しずつ現実世界に染まり始めてはいるものの、まだまだ自然に身をまかせて生きている1歳1ヶ月の我が子。
春や夏には早起きだったのに、今はそのなりを潜めている。
起きる時間が、日の出と連動しているようだ。



私の枕に顔を埋めて、気持ち良さそうに眠っている。

「もうすぐ起きなきゃいけないことは、頭のどこかでわかっているけれど、まだ起きたくはないんだよ。
だってママ、まだ暗いよ?」

心の声が聞こえてくるようだよ。
うんうん。わかるよ。ママも同じ気持ちだよ。
なんて。
私がそう思っているだけなのかもしれない。



とにかくぐっすり。
ぐっすりたっぷり、よく眠る。



仰向けだったり、うつ伏せだったり、よだれ垂らしてたりもするけれどね。



夜中に布団から抜け出して、上へ上へとあがっていって壁にゴチンと頭をぶつけてしまうので、頭のあたりには、クッションやらぬいぐるみやら、いろいろなものを置いているのだけれど、最近、それらに寄り添っていることが多い気がする。
そういう気持ちよさを覚えたのかな。
かわいいなぁと、思う。


身体では浅くなりつつある、でも心はどっぷり深いままでいたい朝方の眠り。
見てるだけで、「ああ。気持ちいいんだよねえ」ってしみじみわかってしまう。
この気持ちよさは、大人も子供も一緒なんだね、きっと。

これからしばらく、朝はゆっくり起きてくるんだろうな。
春になるまで、早起きも冬眠。

とくに。ひかる。
そらよりも、ゆっくりぐっすり、いつまでも眠っているんだよ。
きっとそれは、あなたの名前に「光」が入っているからだね、ひかる。




離乳食 230日目<完了期 6週目>(3回食 111日目)
1回目 ミルクトースト・すりりんごがけ・・・食パン1枚
2回目 焼きうどん
3回目 かぼちゃ味の炒り卵
                              他
くわしくは、 Yummy -Happy Life- でどうぞ。
[そら ひかる]1歳0ヶ月〜 / comments(4) / trackbacks(0)
遊び方が増えていく


『おもちゃで遊ぶ』といえば、舐めたり、かじったり、転がしたり。
そんなことが定番だった遊び方だけれど、最近、ちょっと違う遊び方を覚えた。



カップのような形をしたモノに、他のおもちゃを入れる。
今は、カップ型のおもちゃにしまじろうを入れている。
上手に入るととても嬉しい。
上手に入ったら、それを手に持って運ぶ。
上手に運べたら、もっともっと嬉しい。

上手く出来ないと、すごく悔しい。
悔しくて、思い通りにならないと言って、泣いたりする。
きーきー叫んだりする。



そらは、この遊びにものすごく執着している。
『何かに何かを入れて運ぶ』という遊びをやり出したら延々と繰り返している。
その中でも、このカップとしまじろうは頻出。
他のものでやったりもするけれど、これが一番いいらしい。
実に楽しそうに、真剣にやっている。


いろんなことを少しずつ覚え始めているんだなぁと感じられる今日このごろ。
そして、覚え始めたことを、少しずつ行動として表すことが出来るようになってきている。
それに伴って、遊び方も増えてきている。

「物を入れる」ということを覚えたことは、とても意味のあること。

成長の証。




それにしても。
大人しく遊ぶそらの後ろ。
椅子に乗ってるひかるは、いったい何をしているのだろう?
中途半端に写ったひかるなのに、ものすごく楽しそうな雰囲気が伝わるのはなぜだろうか。
なんか、いいな。
楽しそうなそらの後ろで、さらに楽しそうな、ひかる。




離乳食 215日目<完了期 4週目>(3回食 96日目)
1回目 チーズパン・・・食パン1枚
2回目 卵とじ風やわらか焼きうどん
3回目 ツナバナナサラダ
                              他

くわしくは、 Yummy -Happy Life- でどうぞ。
[そら ひかる]1歳0ヶ月〜 / comments(2) / trackbacks(0)
寝てる間に攻撃せよ


子供と眠るのは、とても気持ちがいい。
決して、一緒に寝ようと思っているわけではない。

子供達が寝たら起きよう。
起きて、テレビ観よう。
パソコンに向かおう。

・・・・いろいろ思っていても、出来たことはほとんどない。
子供の寝息と体温に、吸い込まれるように眠ってしまう私。
メガネもかけっぱなし。
着替えてもいない。
あーあ。
だらしないこと、この上ない。

でも、とっても気持ちがいいのだ。
起きようと思っていると、起きれなかったことが悔しくてたまらないので、起きようと思うのをやめた。
開き直って、朝まで子供達と一緒にぐっすり。
おかげで、朝はスッキリだったりする。あはは。



しかし、夜中にはこんな攻撃を受けたりもする。らしい。
誰だよ、私の上に足乗っけてるやつは!!!



こ・・・これは、何してるの?
寝てるらしいけど。

夜、布団の上では壮絶な戦いが繰り広げられている。
らしい。

またしても、ひーたんに撮られた。
ひーたん・・・いったい、いつ撮ってるのよ。



***お知らせ***


子育て・育児支援の【こそだて】
こちらの編集部の方から、離乳食レシピを掲載したいというお話をいただきました。
私の作った離乳食で大丈夫かとドキドキしますが、ありがたいお話だったので、お受けさせていただきました。
料理が大の苦手な私に、こんな日が来るとは・・・いやはや、驚き。
でも、頑張ったご褒美みたいな感じで、嬉しいです。
ありがとうございました。

紹介していただいたのは、スープ煮込みうどん(焼きうどん風)です。
誰でも作れる簡単レシピです。





離乳食 153日目<後期 5週目>(3回食 34日目)
1回目 チーズとバナナのオープンサンド・・・食パン1枚
2回目 スープ煮込みうどん(焼きうどん風)
3回目 豚ひき肉とじゃがいものおやき・トマトソースがけ 
                             他

くわしくは、 Yummy -Happy Life- でどうぞ。
[そら ひかる]9ヶ月〜 / comments(3) / trackbacks(0)
そろそろ靴を買ってあげようか。
たたっ!ばーん!

たたたっ!ばーん!

たたた・・た・・たたたっ!ばーん!!

た、た、た、た、たたたっ!どしーん!!!

そらとひかるが部屋の中を歩き回る音。
覚えたての頃に比べて、ずいぶん上手に歩くようになった。



ひかるが押しているのは、ソファセットの一部。
これが畳の上だと簡単に動いて行く。
それが面白くて仕方ないらしく、自分は歩いてどんどん押していく。
動いていくのが右から左へ見ると、よくわかる。
ひとりで歩いてるわけじゃないけれど、足がしっかりしてきたから、結構な早さで畳の上を滑っていっても、あまり転ばなくなった。



そらは一人黙々と『一人であんよ』を繰り返している。
私が見ているところ、見ていないところ、どこでも。
そして、少しずつ、本当に少しずつではあるけれど、上達しているのだ。

2歩が3歩へ。
50cmが1mへ。
走って飛び込むように転んでいたのが、ゆっくり歩けるようになって、方向転換までするようになって。

そして、今日。
玄関で一人つかまり立ちをしていたそら。
そろりと手を離して、歩き始めた。
さあいつ転ぶかな?と見ていたら、たたたたっ・・・と、ぎこちないながらも歩き続ける。
「え?え??」と見てるうちに、あれよあれよいう間に、廊下を抜けてダイニングへ入ってきた。
「ええええ!!!」と思ったら、どしーんと座っていたひかるにつまづいて、「どちっ」とぶつかって転んだ。

すごいよ!そら!!!
玄関から廊下をぜーんぶ一人で歩いてきたよ!

思わず、ひーたんとメジャーで距離を測った。
なんと、4m35cm!!
すごいいいいっっっ!!!

「すごいすごい!」と、「じょうずーー!」を連発したら、嬉しそうにパチパチパチと拍手していた。
きっと本人も嬉しかっただろう。
でも。
そのあと調子に乗ってもう一度同じところへ行って立って、歩き出そうとして転んで、左眉の横にアザをつくったのだった・・・。

最近見ていて思うのだが、一人あんよをしていて転ぶ時のパターンがいくつかある。
まずは、自分で足がもつれて自滅するパターン。
次に、何かモノにうまずいたり足を取られてしまうパターン。
そして、もう一人にぶつかってしまうパターン。
この最後のパターンは、双子ならではだと思う。
普段からくっついて遊んでいることが多くて、一人がやるともう一人も同じことをやりたがる。
一人が行けば、もう一人も行く。
だから、一人が歩いているそのコース上に、もう一人がいることが多い。
どうしても、ぶつかってしまうわけだ。
でも、泣かないのよね。こういう時って。
双子の不思議。

あの時、ひかるがそこに座っていなかったら、そらはもっと歩いたのかな。
うーん・・・転んでいたかな。
何はともあれ、凄かったよ、そら。
上手だった!
靴を買う日も近いかな。


☆あ、やべ。

こっそり携帯電話で遊んでいたところが見つかってしまって、気まずいそらだった。





離乳食 139日目<後期 3週目>(3回食 20日目)
1回目 食パンのスープあんかけ・・・食パン1枚
2回目 スープ煮込みうどん(焼きうどん風)
3回目 5倍粥とじゃがいものおやき風
                              他

くわしくは、 Yummy -Happy Life- でどうぞ。
[そら ひかる]9ヶ月〜 / comments(4) / trackbacks(1)