Happy Life

一卵性の双子「そら」と「ひかる」
子育てはすごく大変 でも、楽しい!
これが私のHappy Life

ボダム社 耐熱ガラスジャグ

OBAKETSU(オバケツ)ダストBOX
ニッポンの嵐 ポケット版
ニッポンの嵐 ポケット版

虫除けスプレー バズオフボディスプレー

カリプソ(calypso)ダストボックス
むむむ、と唇を尖らせて

むむむ、と唇を尖らせて


ソファに座るひかるのそばで、そらはそらで黙々と音楽の鳴る本のボタンをぐいぐいと押していた。

同じことをやろうとする時、そうじゃない時、様々だけれど、自分が夢中になっていることは、黙々と取り組む。
その姿は、そらもひかるも変わらない。


受付たくないことを言うと、そらは「いったい何のこと?」ととぼけたフリして上を向く。
本当はわかっているくせに、わかっていないフリを決め込む。
人の感情に敏感で、ひかるが先になるのはちょっとイヤで、できれば自分が最初でいたくて。
最初は嫌がるくせに、素直に応じるひかるを見ると、やっぱりボクからだと主張する。

甘えたでわがまま。
だけど、ケタケタと笑う笑い上戸で、どこか涼やかなハンサムボーイだな、っていつも思う。

「パパ、かいしゃ」

最近覚えた言葉は、パパがいない時にフル活用しているね。

おはよー、おやすみ、って挨拶がきちんと出来る子であることが、私はとても嬉しいよ。
[そら ひかる]2歳9ヶ月〜 / comments(0) / trackbacks(0)
ちょこんと座るこの姿に


ちょこんと座るこの姿に


子供がソファに座ると、ソファがとても大きく見えて、そのアンバランスさがとても好き。
またかわいらしい座り方すんだよね、子供って。
それが好き。

膝の上に本を置いて、何やらぶつぶつ言いながら一人で見ていた。
読んでいた、とはちょっと違いそうだけど。

ひかるは一人遊びが結構上手で、自分のやりたいことを次から次へと見つけて、一人で黙々とやることがとても多い。
パズルでもなんでも、本当にコツコツと黙々と。

そのくせお調子者で、ひょうきん者で、とてもおもしろい。
毎日笑わせてもらってるよ、そのおもしろい行動に。

最近、「パパ、ママ、おいーっ」とか呼ばれちゃう。

その呼び声が、今は微笑ましいよ。

この先大きくなった時には、「おいって言うな」とか思っちゃうのかもしれないけどね。

[そら ひかる]2歳9ヶ月〜 / comments(0) / trackbacks(0)
あっ、まくまーっ


あっ、まくまーっ


「あっ、まくま、まくまー」なんだそうだ。
ひかるはこの枕カバーのことを、「まくま」と呼ぶ。
お気に入りだ。とにかく、これがなけりゃあ落ち着かないのだ。

「どこだ?どこだ?まくまー、どこだー?」って家中探し回っていたりする。
時々洗濯しちゃったりしたら、ベランダをじーっと見ていたり、「ないなあ、ないなあ」って探し回る。
そんなに好きかい、そうかい、そうかい・・・。

あまりにも愛しそうに持っているので、そらが時々奪い取っている。
そんなにいいものか?と確かめるように。
でもすぐにひかるに返すところをみると、対して興味はないようだ。
なかなかバランス的にはいい。
二人で取り合ったら大変だものね。


[そら ひかる]2歳9ヶ月〜 / comments(0) / trackbacks(0)
夏を置き去りにして

夏を置き去りにして



どうしたんでしょう、ここ数日。
連日のように、夕方になるとものすごい雨。雷。
夏の夕立ちかよ、ゲリラ豪雨かよ・・・なんて思ったらそうでもなくて。
朝晩の空気がひんやりとして、あらあら、ようやく夏が過ぎ去っていくのねー・・・なんてゆったりまったり季節の変わり目を楽しむはずが、突然ぶわっと風が吹いて「夏」を吹き飛ばしちゃったかのようにどこかへ行ってしまって、一気に秋がきていた。
暑い夏ってそうよね、突然秋が来るのよね、なんて思っていたけど、そうでもないらしく。
また30度の日が戻ってくるよってTVでは言ってるし、でも朝晩はもう涼しいよ、寝冷えに注意だよ、なんてことも言ってる。
(寝冷えしたら、午前中大人しくしていること、水分をたくさんとること、が重要らしい。寝冷え対策には、寝る時少々暑くてもきちんとかけて寝ることが大切らしい。)
この季節はわかりにくい。
突然寒くなられると、何着ていいのかわかんないし、やけに寒々しく感じちゃったりするしさ。
あーあ。子供たちがタンクトップで過ごす季節ももう終わりか。

暑くてヤダヤダ言ってても、夏が過ぎるとやっぱり寂しいもんだ。
夏良かったなーなんて・・・去年も同じこと想ってたな、多分。





「ねえねえ、ママ、みてっ!こっちーよー」

ひかるに呼びかけられた。
満面の笑みで。


なんかさあ。これってちょっと感動したんだよね。
自分を見てくれって主張する気持ちはずーっとあったに違いないけど、きちんと言葉にして私を呼ぶことって出来なかったって思うんだよね。
何らかの方法でコミュニケーションはとれていたんだけどさ、多分。
でも、そうやって言葉にして私を呼ぶって行為は、ほんと人間的っていうか。

おもしろポーズをして、私を呼ぶの。
見てもらって「すごいねー」って言われたい、もしくは「なにそれー」って笑われたい。
それだけのことなんだけど、実に子供らしいと思わない?

そうかそうか、キミは確実に大きく成長しているんだね、ってほんのり嬉しかったんだ。

[そら ひかる]2歳9ヶ月〜 / comments(0) / trackbacks(0)
ずっぽりハマッたらどうしたらいい?

ずっぽりハマッたらどうしたらいい?


普段おもちゃを入れているタブトラッグスにずっぽりはまってしまった人。
ここにはいったらおもしろいだろうな、って思ったんだろうけど、おもしろいどころか恐ろしい結果になってしまった、というわけ。
でもタブトラッグスはとても柔らかくて形も変わるので、出るのもそんなに困難ではないはずなんだけどね。
後ろにまずは転げようとか、そういう発想がないと難しいかもしれないな。

あまりにもかわいいので、しばらくこのまま放置。
それから助けてあげたのでした。
鬼だな、ふふふ。


 TUBTRUGS Flexible タブトラッグス バケツ


親戚から巨峰を大量にいただいた。
あまりにも大量なので、思い切ってジュースを作ってみた。
とにかく調べる。

◆◆
つぶし気味にして砂糖をかけて30分置いてから、ぐつぐつ色が出るまで8分くらい煮る。
それから、濾して冷やして飲みましょう。
皮をむいて冷凍したブドウをぷかぷか入れると氷代わりにもなるしあとから溶けて食べられておいしいよ!
◆◆

ふむふむ。
そういう方法ね、と作ってみる。
でもなぜか梅ジュースのような味になった。
なぜだ?砂糖の量が適当すぎたか?煮詰める時間も適当過ぎたか?
ま、スパークリングウォーターと割って「うまーい、うまーい」って飲んだけど。

そこで今度は、とにかく手でギューギューつぶして濾してみる。
そうそう、フランスとかのブドウ畑でおばちゃんが、樽いっぱいに入れたブドウをぎゅーぎゅー踏みつぶしているイメージ。
そんで、樽の下に蛇口がついててそこをひねると美味しいブドウジュースが!・・・っていうイメージ。

とにかく手でぎゅーぎゅー。むにゅーと果肉の出る感触、ぷちっと皮が始める音、何とも言えないイイ気分。
そしてぎゅーぎゅー(それこそやりすぎて手って言うか指が痛くてどうしようもない。)
ぎゅーぎゅーぎゅー。
ガーゼで濾して飲んでみる。

んまーーーーいっ!!!

最高に贅沢な味がした。
そらにもひかるにもひーたんにも大好評なのだった。

[そら ひかる]2歳9ヶ月〜 / comments(0) / trackbacks(0)
夏の匂い


夏の匂い


なんかこの格好が、すごく夏を思わせる。

季節は徐々に秋へと移行していくけれど、今もまだ家の中ではこの格好で。
見る写真見る写真、ああ夏だなあって思うのだ。

今年は特に暑いからね。
いつまでもいつまでも夏は続いていく。

そんなこと言ってると、あっという間に寒くなっていくんだろうけど。





割れたガラスがようやく直った。
いやあ、大変だった。

おじいちゃんのような人が一人で来てやってくれたんだけどさ。
とってもイイ人だったけどさ。

よっしゃ、終わったー!あとは片付けして終わりだー!ってところで、割れてるガラスを運び出した。
その途中。

がっしゃーん!!!

なんともまあ、玄関手前、廊下で割れて粉々に。

いやあ、後片付けが大変だった。

ほとんどすべてはガラス屋さんがやってくれたけど、やっぱり何度も掃除機かけないと、破片があったら困るからさ。
いやあ、ほんと、大変だった。

ガラス屋さん、めっちゃ焦った顔してたよ。
まさかここで割れるとは…って感じだったんだろう。
でも、割れそうだったんだけどさ。最初から。
もうちょっと何らかの対処をしてから運び出すべきだったね、あれはきっと。

でもまあ、直ったので、本当に良かったよ。

[そら ひかる]2歳9ヶ月〜 / comments(0) / trackbacks(0)
ようやく始動


ようやく始動


遅ればせながら、ようやく始動のそら。
ひかるからホウキを奪って、今度は僕のばん!と張り切る。
これまた、ホウキで何かをするわけではない。
持って歩いているだけ。
ほんのわずかな壁の隙間から下をのぞいて、よく見えるなーなんて楽しんでいた。





この週末は個人的にちょこまかと忙しくしておりました。
それも今日の午前中で一段落。
やれやれ、な気分。

そういえば、週末、夜になるとひかるが熱を出していたのだけれど、なんだったのかしら?
二日ほどで終了したけど・・・子供って不思議。

明日はとうとう割れた真空ガラスの修理。
ようやく出来上がった(?)ということで、ヒビ割れたガラスにヒヤヒヤな日々もようやく終了のようだ。

[そら ひかる]2歳9ヶ月〜 / comments(0) / trackbacks(0)
見学、ひとり。


見学、ひとり。


お掃除するひかるを見学するのは、そら。
ホントはきっと一緒にやりたい。
でもまだ、そこまでやる気がわいてこないんだろうな。

随分長い間、ずーっと彼を見つめていた。
時々声をかけながら、ね。

なかなか優しいまなざしだったよ。


そらとひかるはとっても仲良し。
ケンカもいっぱいするけれど、でもやっぱり仲良しで、いつも二人で笑いあってる。

そらがお茶をこぼしたら、ひかるがティッシュを持ってきてくれる。
ひかるが泣いたら、そらが近づいて撫でてあげてる。
そらが何か上手に出来たら、「しょら、しゅごいしゅごーい」ってひかるはそらの頭を撫でる。
そらは私に怒られると、ひかるの陰に隠れる。

ケンカもいっぱいするけれど、二人はとっても仲良しだよ。

[そら ひかる]2歳9ヶ月〜 / comments(0) / trackbacks(0)
実に真剣ですよ、彼は。


実に真剣ですよ、彼は。


水のは行ったバケツに箒を突っ込んで、ぐるぐるぐるぐる。
これ、箒を洗ってるつもり、らしい。
こうして水で濡らしてからベランダをさっさと掃くと、ホコリが立たなくていいんだよねー・・・ってそこまで考えてる?
そこまで考えてたら相当すごいんだけどな。

何度もバケツに突っ込んで、何度もその辺をしゃっしゃと掃いて、そりゃあもう、働き者のひかるさんなのだった。





アンパンマンとか、ドラえもんとか、自然と好きになっていくものね、子供って。
わが家の二人は、アンパンマンがひどくお気に入りで、歌も歌っている。
それがきいているととてもおもしろい。
言葉がはっきりしないのに一生懸命歌おうとするから、なんか笑える。
何よりも、聞いていて、「あ、アンパンマンの歌だ」ってわかるところが面白い。

そういや、ジャムおじさんとアンパンマンって同じ顔してるよね。
アンパンマンの顔のモデルはジャムおじさんだったか。

[そら ひかる]2歳9ヶ月〜 / comments(0) / trackbacks(0)
ベランダ、お掃除しましょ


ベランダ、お掃除しましょ


ひかるさん、ベランダのお掃除中です。
サンダルは、右と左が逆。
ほうきは自分に向けてしゅっしゅっしゅ。
全然綺麗になりませんが、当たり前なので、それでよし。
これ、私の真似。
一緒になってやってみたかったのだ。
こういうところから、お手伝いをしてくれるようになるととても嬉しいなあ。

しっかし子供って、どうして靴を逆に履いてもなんとも思わないんだろう。
大人だったら違和感ありありなんだけどな。
不思議。

[そら ひかる]2歳9ヶ月〜 / comments(0) / trackbacks(0)